【衝撃】中尾翔太の病気の真相に「EXILE」ファミリーが涙する切ない最終章…FANTASTICSメンバーの暴行事件が明らかに…驚愕の本当の国籍が明かされる
2024/02/05

広告

中尾翔太さんはファンタスティックのメンバーとして活動し、2018年7月6日にわずか22歳で胃がんのために亡くなりました。彼はグループ結成時の初期メンバーで、EXPGスタジオからの選抜メンバーとして加入しました。中尾さんは名古屋のダンス界で有名で、幼少期から才能を発揮し、ノーラックというダンスチームに所属し、ダンス甲子園でも優勝経験がありました。

学生時代については名古屋市立上沢中学校に通っていたとされますが、中学時代の出来事や出身高校についての具体的な情報は分かっていません。

胃がんのステージについては具体的な説明がないものの、おそらくステージ4であった可能性が高いとされています。ステージ4の胃がんは治療が難しく、生存率が低い状況にあたります。また、中尾さんは激やせしていたため、スキルス胃がんと呼ばれる進行が早いガンである可能性が噂されました。

中尾翔太さんは胃がんの診断後、絶望的な状況であることを告白しており、治療が効果を上げず、2018年3月に22歳で亡くなりました。彼の死去に際し、ファンタスティックのメンバーは悲しみを共有し、中尾さんの思いを胸に9人で活動を続けることを誓いました。

広告

AD
記事
画像集