宮本信子の夫・伊丹十三が"創価学会"に殺された真相に恐怖した...「マルサの女」で有名な女優の略奪愛の末路...
2024/03/04

広告

宮本信子の夫である伊丹十三が"創価学会"によって殺害された真相に、彼女は恐怖を感じていた。有名な女優である彼女の略奪愛の末路についての物語が、「マルサの女」として知られている。しかし、実際には伊丹十三が残した遺作の台本や、彼が隠していた真実の遺書内容などには驚きが隠せないものがあった。彼女は夫の死に対する正体不明の脅威に怯えながらも、真実を明らかにするために奮闘していくのだった。

広告

AD
記事
画像集