20年間苦楽を共にした愛犬の死。最後の最後まで寄り添い続けた2人の絆に感動。。。。
2023/07/03

犬を飼うことは、一つの命を大切にし、愛情を持って最期まで共に過ごす責任と覚悟が必要である。犬は成長し、老いていく存在であり、人間と比べて命は短く儚い。“John”と彼の愛犬“Shep”は、最期の瞬間まで共にいて励まし合い、別れを迎えた姿が世界中で感動を呼んだ。20歳の誕生日を迎えた直後に“Shep”は亡くなったが、“John”は寂しいときも彼との愛に満ちた日々を共有できたことを幸せと感じている。動物との暮らしは一瞬のように感じるが、彼らにとっては一生であり、“John”と“Shep”の絆は永遠である。

AD
速報