焼き場で立つ少年が背中に背負っていたのは…戦争の悲惨さを改めて感じさせるものだった…
2023/06/06

長崎原爆投下直後の焼き場で、背中に幼い弟を背負った少年が立っている。少年が弟を焼き場に埋葬する目的でやってきたことがわかるが、軍隊によって影響を受けたその直立不動の姿勢に、アメリカ軍の記者は感動したが、同時に戦争の悲惨さを改めて感じさせた。この写真を撮影したジョー・オダネルも、日本人たちに対する偏見を捨て、その後は日本の復興と文化振興に協力するようになった。少年の写真は、戦争によって失ったものの重みと、子供が犠牲になる悲劇を訴えかけるものとして、人々の心を打つ。

AD
速報