伊東純也が2億円の損害賠償を勝訴し、虚偽の告訴罪で名誉を傷つけられたサッカー選手の真相に衝撃【芸能】
2024/02/16

伊藤純也選の騒動について

昨年から成華街が取り沙汰され、芸能会でもジャニー北川やダウンタウン松本仁さんの問題が連日報じられていましたが、スポーツ会でもサッカー日本代表の伊藤純也選の騒動が波紋を広げています。

伊藤選が代表を離脱した女性に対し虚偽の告発をする構えを見せたことから、問題は一気にエスカレートしました。ただ、先日の日本テレビの番組で伊藤選の代理人弁護士が女性2人に2億円以上の損害賠償を民事訴訟で請求する方針を明かしました。

伊藤選の過去の問題報道

週刊誌によると、伊藤選は昨年6月に大阪市のホテルで酒に酔った状態で女性2人に対し専属トレーナーと共に正当害に及んだと報じられました。この報道はアジアカップの真最中であり、日本代表としての評判にも影響を与えました。女性2人は大阪府に準強制性交で刑事告訴し、一方の伊藤選も女性2人を虚偽で逆告訴しました。

この騒動のタイミングは非常に悪く、一連の疑惑に対して身長者や告発女性に対して批判が寄せられました。ただし、週刊誌には伊藤選に関する情報が掲載されず、文春方式は取られなかったと報じられました。

伊藤選のフランスでの復帰と訴訟方針

現在、伊藤選はフランスのクラブで活動しており、チームに合流して試合にも出場しています。しかし、伊藤選の代理人弁護士は日本での女性2人に対する損害賠償請求を行う予定であり、その額は2億円以上になる可能性があります。

伊藤選側は裁判による決着を視野に入れつつも、早期解決を目指しているとしています。

この件に関してはネット上でもさまざまな意見が寄せられており、損害賠償額や女性側の支払い能力、また伊藤選の復帰についても様々な意見があります。フランスでは厳しい対応が予想されますが、日本代表復帰を目指している伊藤選にとってはこの問題が解決することが重要です。

広告

AD
記事
画像集
速報