細川たかしの22歳下の再婚相手の元職業と逮捕されない理由について驚愕する
2024/01/16

広告

今回は、細川孝志さんの私生活に焦点を当ててご紹介します。デビュー前から長年連れ添った奥様や、最近の再婚についても触れます。細川孝志さんのプロフィールや活動に興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

細川孝志のプロフィール 細川孝志さんは1950年6月15日生まれ、北海道出身の演歌歌手です。デビュー前は札幌のススキノで歌活動を行っており、「札幌の森新一」として親しまれていました。

細川孝志のデビューとブレイク 1975年4月1日に「心残り」という曲でデビューした細川孝志さんは、力強い歌声が評価され、デビュー年の年末にはNHK紅白歌合戦に白組で初選出されるなど、1年で大きな成功を収めました。その後も32年間連続でNHK紅白歌合戦に出場し、一大スターとしての地位を築き上げました。

細川孝志と妻かず子の出会いと結婚 細川孝志さんは、妻のかず子さんとの出会いが22歳の頃でした。当時、細川さんはクラブ歌活動に没頭しており、かず子さんは札幌のすすきのナイトクラブで働いていました。細川さんは年下には興味がないと公言していたため、年齢を偽ってアプローチを重ね、かず子さんを惹きつけることに成功しました。2人はわずか3ヶ月でスピード結婚しました。

細川孝志と妻かず子の結婚生活とかず子の死去 細川孝志さんとかず子さんは結婚してから44年間も共に歩みました。かず子さんは細川さんの活動を支えながら、細川さんの猛アタックにも応じるなど、夫婦仲の良さが知られています。

広告

しかし、かず子さんは2018年12月6日に亡くなりました。報道によれば、かず子さんは1年半の入院生活の末、天に召されたとされています。

細川孝志の再婚 2020年1月、細川孝志さんは再婚を発表しました。お相手は22歳下の一般女性であり、かつては市議会議員も務めていた方です。細川さんは再婚の決断について、自身の芸道50周年を迎える節目に、新たな伴侶とともに歩むことを選んだと述べています。

広告

AD
記事
画像集