【衝撃】西田敏行の車椅子生活の真実を明かす…歩行困難の原因に感動!『もしもピアノが弾けたなら』で知られる歌手の驚きのせい癖…家族の正体に衝撃が走る!
2024/02/04

1974年に西田俊子さんと結婚した西田俊幸さん。当時、27歳の西田さんと23歳の奥さんは第一生命のCMで共演し、家族全員で共演している姿が話題になりましたが、真相は不明。劇団青年座での出会いがきっかけで、奥さんは研究生として入団し、一目惚れされたというエピソードが残っています。

結婚後、2人の娘の育児に取り組んだ西田さんと奥さん。長女のさやさんはテレビCMや富士テレビのドリフ大爆賞にも共演し、一緒に仕事をしていました。次女の理沙さんも誕生し、親子でのテレビ出演もありました。娘たちは女優にはならず、一般人として生活しています。奥さんは俳優の下積み生活中の西田さんを支え、アルバイトで経済的なサポートをしていました。結婚当初はお金がなく、新婚旅行もできない状況で2系のアパートに住んでいましたが、俳優としてのキャリアが上昇し、家族も豊かになりました。

西田さんは奥さんや娘たちを大切に思っており、奥さんが女優として働き続けることを支えました。奥さんが女優復帰を返したこともあり、お金の心配や家族のために仕事をする姿勢を称えられました。現在の家族は、奥さんと2人の娘の4人家族とされています。福島県の出身で、両親も一緒に暮らしていますが、実の親ではありません。実の父親は病気で休業し、実の母親は再婚を望んでいました。子供のいない姉夫婦が西田さんを引き取り、実の両親以上に愛を感じています。

家族は西田さんの俳優活動を支え、結婚生活も順調に続いています。病気や怪我に悩まされながらも、家族の支えと励ましで乗り越え、仕事に対する情熱を失っていない西田さんは、これからも俳優として活躍し続けることでしょう。

AD
記事
画像集
速報