貴乃花の熟年再婚相手の正体に一同驚愕!過去の女性遍歴と再婚妻の元夫の死因に涙が止まらない…
2024/01/24

広告

高野花浩司さんの経歴とプロフィール

高野花浩司さんは東京都中野区出身の双子山部屋に所属した元大史で第65代横綱です。本名は花田ですが、不相撲協会退職後は本名や元高花親方、高氏、高花さんと表記されることが多いです。現役時代の功績に対して一大年より高野花が認められ、引退後は高花部屋の師匠を務めました。日本相撲協会では2010年に理事に当選し、相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長、総合企画部長、従業部長を歴任しました。現在は相撲の普及活動を目的とする一般社団法人高野花道場の理事を務めています。また、高野花浩司さんはタレントや作家としての活動も行っており、2023年9月より新たに高野花事務所として身体性を取っています。

高野花浩司さんの熟年再婚について

高野花浩司さんは今年の8月に再婚しました。再婚相は1歳年上の一般女性で、元J1のベルディ川崎のゴールキーパーとして活躍した藤川孝幸さんの奥さんだったみささんと言われています。高野花浩司さんは当時51歳で熟年再婚と言えるかもしれません。再婚相のみささんは4人の息子を育てており、夫とは4年前に死別したということも指摘されています。50代くらいの芸能界関係の男性はよく20歳ほど年下の女性と再婚することが多いですが、今回は50代同士の結婚ということで珍しいケースであり、注目を集めています。

高野花浩司さんと再婚相の出会い

高野花浩司さんと再婚相のみささんの出会いは重大の頃です。

広告

1989年の9月場所で高野花浩司さんが17歳2ヶ月で幕下昇進を果たした際、同級生仲間たちが打ちの小心祝いのパーティーを開いていました。そのパーティーにみささんは出席しており、当時みささんは降参で花浩司さんの初恋の相であったそうです。後にみささんは短大に進学し、東中野のアパートで同棲を始めました。しかし、高花さんが大関鳥を狙うという時に経済的な収支の問題や将来への不安から、2人の関係には打たれることがありました。そのため、交際期間は短い間だったとされています。

広告

AD
記事
画像集