425グラムで生まれた小さな赤ちゃんは生後460日目に初めて家に帰った
2023/07/11

2020年12月、妊娠6ヶ月(25週目)で生まれた男の子の体重はわずか425gで、超低出生体重児でした。その後、この赤ちゃんは1年3ヶ月NICUで過ごしましたが、2022年3月16日に退院許可が下り、家族のもとに帰ることができました。両親とNICUスタッフの支えとケンダルの生命力が奇跡を起こしました。母親は合併症で早産し、コロナ感染症にもかかりましたが、回復し、ケンダルと再会することができました。ケンダルの退院は応援パレードで祝福されました。彼の未来は明るいと看護師は語りました。ジュルナキンス一家の強い絆が困難を乗り越え、幸せな未来を迎えることを願っています。

AD
記事
画像集
速報