【衝撃】伊東純也の責任が明らかに…被害女性の素性に驚愕…『日本代表』選手が関与した事件の深刻さ
2024/02/04

サッカー日本代表で活躍している伊藤純也選手が、女性からのせい被害の告発を受けて、カタールで行われているアジアカップから離脱することが決まりました。事件は、2023年6月21日に大阪中島のリーガロイヤルホテルで発生しました。

前日の6月20日、芸能活動を行っているAさんとBさんという2人の20代女性は、伊藤が契約している事務所の社長の知人の招きで大阪のパナソニックスタジアム杉田で行われた日本代表VSペルー代表の試合を観戦しました。その後、大阪市内の飲食店で伊藤と合流し、飲み会の終了後に伊藤と共に用意されたレンタカーに乗り込みました。Aさんは伊藤が電話でホテルで女の子たちと飲むことを話しているのを聞き、リーガロイヤルホテルの駐車場に到着後、AさんとBさんは伊藤と一緒にホテルに入りました。

ホテルの部屋での出来事によれば、Aさんは週刊誌に告白し、伊藤純也選手はAさんとBさんを先に酔わせ、せい的同意を得ないまま行為に及んだ疑惑が浮上しています。伊藤純也選手が既婚者であることも報じられています。

被害を受けた女性の証言によれば、伊藤純也選手と専属トレーナーとの飲み会後、部屋が暗くなり、Aさんが抵抗しようとするも制止され、意識を失った後に伊藤純也選手が覆いかぶさっていたとのことです。Bさんも同様に意識を失いつつせい被害にあったと主張しています。

伊藤純也選手は性的行為は認めつつも、正当な理由があったとして反訴し、虚偽告訴だと主張しています。

現在、双方の話を聞き慎重に調査が行われています。事件の解決には時間がかかる見通しで、裁判の結果や証拠の提示が注目されています。この裁判が長期化する可能性があり、伊藤純也選手の代表復帰や所属クラブでの処遇にも影響を与えるかもしれません。今後の証拠の提示や女性側の信憑性などが注目され、事件の結末には不透明な要素が残されています。

AD
記事
画像集
速報