老人「スーパーのカートを団地に持っていきたい。係員が回収すればいいでしょ。面倒なの」→ 管理者が...ww
2024/03/03

老人の要望に対して、スーパーの店長が以下のような返答をした。 「いつも当店をご利用いただきありがとうございます。ご意見をいただき、誠にありがとうございます。ただし、現在のところ団地内でのカートの持ち出しについては、いくつかの問題があることをご了承ください。 まず第一に、団地内でのカートの使用は、他の住民の生活や通行に支障をきたす可能性があります。

特に、限られたスペースやエレベーターの使用などに制約を受けることが予想されます。私たちの目指すのは、住民の皆様が快適に生活できる環境づくりですので、ご理解いただければ幸いです。 また、回収についても問題が生じます。団地内にカートが自由に持ち出されると、回収のタイミングや地域全体の清掃活動に影響を及ぼす恐れがあります。

スーパーの係員も限られた人員で対応しており、回収の負担増加やトラブルの発生を避けるため、現状のままの取り扱いとさせていただきます。 ただし、ご要望にお応えするため、店舗内にカートの利用専用エリアを設けることを検討しております。ご利用の際は、店舗にて手続きが必要となる場合がありますので、詳細につきましては店舗スタッフまでお問い合わせください。

団地内の生活の利便性を高めるため、今後もさまざまな改善策を検討してまいります。引き続きご意見やご要望をお寄せいただければと存じます。誠にありがとうございました。」

この店長の返答が掲示され、団地の住民たちはその内容に関心を寄せていた。カートの持ち出しに対しては悩みを抱えていた住民もいれば、店舗側の理解に感謝する声も聞かれた。将来的なカートの利用専用エリアの設置に期待する声もあり、住民と店舗の双方が協力し合ってより良い環境を作り上げていくことが望まれていた。

広告

AD
記事
画像集
速報