少女を庇って片足を失った男性。少女の親『死ぬまで年50万の補償をし続けます』⇒ 10年後、その少女が結婚すると聞いた男性は・・・
2024/03/03

10年程前、作者は25歳の時に片足を失う事故に遭った。

事故の原因は、歩道から飛び出してきた少女を避けるために原チャリが横転し、後続車と衝突してしまったためだった。

その結果、片足を後輪でダメにされてしまい、サッカーなどの趣味はできなくなった。しかし、作者は少女が助かってよかったし、自分の生活が少しだけ不便になるだけで済んだと思い、補償として毎年50万円を手渡しで受け取ることにした。

周囲の人々はこの補償について怒りを抱いていたが、作者はたかが足1本と思っており、それ以来、この家庭との関係は改善されていると感じている。

父親とも酒の席で意気投合し、奥様からは見合い話を持ちかけてもらったりと、作者にとっては好意的な関係を築いている。しかし、少女が結婚することを知り、作者は自分がこの家庭から受け取っている補償のことを考えるようになる。

自分が金に困っていないことや、相手に迷惑をかけることなどを思い、作者は補償を断ろうと決心する。この決断に絶望感を覚えた作者は泣き出し、自身の感情を文章にまとめている。

最終的には、補償を受け取らずに関係を疎遠にしてしまい、自分が片足になったことを忘れることが望ましいと考えている。この物語は切ないエピソードであり、作者の内面の葛藤と決断を描いている。

広告

AD
記事
画像集
速報