トイレの神様でブレイクした植村花菜が消えた理由…業界に見捨てられた現在・・・
2024/03/03

広告

植村花菜さんといえば、2010年に発表された「トイレの神様」が大ヒットしました。その感動的な曲調とギターによる切々とした歌声に多くの人々が感動しました。同年の年末にはNHKの紅白歌合戦にも出場し、一躍人気歌手となりました。しかし、その後の活躍があまり報道されなかったことから、彼女の消息が伝わらなくなりました。

植村花菜が消えた理由は3つあります。まず、2013年にニューヨークでジャズドラマーの清水勇博さんと結婚し、2015年1月に難産の末に男の子を出産したことが挙げられます。また、和田アキ子さんとの確執や所属事務所とのトラブル、そして「トイレの神様」に続くヒット曲がないことも理由とされています。

和田アキ子さんは、「トイレの神様」の演奏時間が長かったことに難色を示し、NHKが特別扱いしたことに怒りを感じたとされています。また、所属事務所の社長との確執も報じられ、それが彼女の芸能活動の停滞につながったと言われています。さらに、彼女は「トイレの神様」に続くヒット曲を生み出せず、そのことが彼女の活動に影響を与えたとされています。

現在、植村花菜さんは個人レーベル「Hanana Records」を立ち上げ、芸名を「Ka-Na(カナ)」としてニューヨークを拠点に活動しています。彼女は日本の芸能界を離れ、新たなスタートを切っています。今後の彼女の活躍に期待が寄せられています。

広告

AD
記事
画像集