「話し声が迷惑」公園に20枚の注意看板、一体なぜ… 判明した事実に耳を疑う
2023/05/10

都内の公園で、ボール遊びが禁止されたり、遊具が撤去されるなど子供たちの憩いの場が失われつつある。例えば、東京練馬区立いずみの里公園には20枚以上の注意・禁止事項が掲示されており、周辺住民からは騒音に対する苦情が多く寄せられている。しかし、管理者側も公園を安全かつ快適に利用してほしいという思いがあり、近隣住民との相互理解を目指している。公園は子供たちや高齢者の憩いの場であると同時に、周辺住民も利用する施設であり、両方の意見を聞き合いながら運営していく必要がある。

AD
速報