驚くべき相談を持ち掛ける前代未聞の男性、対する教師の驚くべき返答に「鮮烈すぎる」
2024/01/24

広告

前代未聞の相談者

相談者は60代男性で、結婚して36年になる奥様がいます。

そして彼からの相談内容、それは耳を疑うような内容「妻以外の女性との関係に関する悩み」というものでした。

記事の確認

もはや常人では理解し難いこの内容、正に『前代未聞』という言葉そのものでしょう…

そしてこの相談に対するアンサーは、切れ味抜群な回答が持ち味の作家・高橋源一郎さん。

果たしてこの相談にどのような回答を持ち掛けるのでしょうか…

高橋源一郎さんによる、前代未聞の回答

前代未聞の質問にはこの方しかいないでしょう…。

パワフルで切り味のある回答が持ち味の高橋源一郎さん、今回も生半可な回答ではありませんでした…

それでは実際の回答をご覧ください…

広告

第一声に「相談者への回答は、特にありません。」と明らかに呆れている様子の高橋先生、逆に奥様に対しこんな夫と何故離婚をしないのか?優秀な弁護士に相談して夫の身ぐるみを剥がしちゃってください。」とまさかの展開に…

奥様に続き、次は交際相手の独身女性に対し「とんでもない男にひっかかりましたね。誰にでも間違いはあります。なんなら警察に連絡してもいいですね」と終始言いたい放題。肝心の相談者に対する言葉は一切なし。

前代未聞の質問に、前代未聞の回答と、もはや新聞記事として成り立っているのかを疑うような凄まじい内容でした。

なにより、高橋先生を敵に回すと本当に恐ろしいというが分かりましたね。

広告

AD
記事
画像集