【衝撃】上沼恵美子が松本人志の“せい加害疑惑”について再言及…自身の妻と娘との距離感を語り、言葉を失う
2024/02/04

広告

週刊誌による報道で松本仁さんは週刊誌に対し損害賠償と名誉回復を求め提訴。事件の真相は裁判で明らかになる見込み。今後の松本さんの活動や家族の動向が予測不能。芸能界では他のセクハラ疑惑も浮上し、展開が注目される。読者の意見も募集中。

報道では離婚すれば奥さんは10億円以上得られる可能性。松本仁さんは週刊誌提訴し、否定しているが、関心は高まりつつある。お笑い界の頂点にいる彼の今後の道について様々な予想が飛び交っている。

1月22日、名誉回復を求め提訴。新たな有利な証拠が出ない限り、週刊誌側の勝訴が予想される。田村弁護士の分析によれば、ホテルでの飲み会の証拠や参加女性の証言があり、記事には根拠と真実性があるとされている。

精神科医片田玉氏は松本さんのせい欲異常が指摘され、娘さんのダメージや不登校、ストレスが懸念されている。家族問題カウンセラー山脇氏は、松本さんの行動がお笑い界の品質を貶め、活動休止が多くの関係者に迷惑をかけていると指摘。

離婚時、奥さんは年収から34%の財産分与が一般的。慰謝料を加えれば10億円以上になる計算。ただし、裁判結果や新たな事実によって変動の可能性あり。

家族とずっと一緒にいることは無理とし、距離感を保ちつつ良好な関係を築きたいと語る。娘さんとの関係を大切にしつつ、一緒にいることが苦痛になるため距離を置きたい考え。

広告

AD
記事
画像集