芦田愛菜、卒業式で大はしゃぎ…慶應大OGは「キャスターも向いている」とエール
2024/01/14

広告

3月22日に慶應義塾女子高校の卒業式が行われ、芦田愛菜ちゃん(18)の姿が卒業生の母親によって取材で語られました。「本当に小ちゃくてかわいらしかったです。女優・愛菜ちゃんというより、高校生・愛菜ちゃんって感じでしたね」との感想が述べられ、愛菜ちゃんが天才子役から大人の女優へと脱皮していることが伺えます。

卒業式後、愛菜ちゃんは生徒たちの中で大はしゃぎで歩いており、その一言一句に注目が集まっていました。そして、4月からは慶應義塾大学法学部政治学科に進学することが明らかになりました。慶應義塾大学のOGであるフリーアナウンサーの小笠原舞子さんは、「才能に磨きがかかるのでは」と期待し、将来的に女優業とキャスター業を両立させる可能性が示唆されています。

長らく同学科で教鞭をとった池井優名誉教授は、かつて同学科が低い評価を受けていた時期を振り返り、「阿呆学部お世辞学科」と呼ばれ、偏差値も低かったが、宮崎緑さんの成功が大きな影響を与え、芦田さんの入学に際しては興奮気味のメールが届いたと述べています。芦田さんの入学により、同学科の人気が一段と高まっているようです。

記事は、愛菜ちゃんの卒業後の進学や将来の展望に焦点を当て、愛菜ちゃんが学科の人気を一層高めている「愛菜ちゃん効果」に触れています。また、愛菜ちゃんの将来の可能性について、女優業だけでなくキャスターや政治家としての道も開かれていることが示唆されています。

広告

AD
記事
画像集