仲宗根美樹、肺がんで永眠 デヴィ夫人への遺書や闘病生活の感動に心を動かされる
2024/02/29

沖縄の歌を日本中に広めたパイオニア、中園美希さんが24日、肺がんのためこの世を去りました。彼女の訃報は29日に公表され、多くのファンに深い悲しみを与えています。中園さんは、沖縄ソングの普及に尽力し、芸能界引退後も実業家として成功を収めるなど、多方面で活躍しました。

1944年6月23日、東京都生まれの中園美希さんは、1971年のデビュー以来、特に「川は流れる」のヒットによって一躍スターダムにのし上がりました。この曲は100万枚を超えるセールスを記録し、彼女に新人激励賞をもたらしました。沖縄出身の両親から受け継いだ文化を背負い、沖縄ソングを広める彼女の努力は、多くの人々に認められています。

私生活では、1971年に一度目の結婚を経験し、その後離婚。再婚した白橋英二さんとの間には2人の息子と1人の娘をもうけましたが、1981年には2度目の離婚を経験しました。長男は2008年に肺がんで亡くなり、次男は現在オークション代行と身元整理のサービス会社を経営しており、長女は結婚し、子供を持つ普通の生活を送っています。

中園さんの死は、沖縄音楽と日本の音楽界にとって大きな損失です。日本歌協会は、彼女を偲ぶお別れの会の開催を検討しており、多くの人々が彼女の功績を讃え、哀悼の意を表しています。中園美希さんの生き方は、多くの人々に影響を与え、彼女の遺した音楽はこれからも色褪せることなく、人々の心に響き続けるでしょう。

AD
記事
画像集
速報