「イヤだったね」って言わないで!耳鼻科の院長の張り紙が話題に!
2023/07/17

広告

子どもたちが受ける治療に対し保護者の反応が重要であり、耳鼻科の院長が張り紙で保護者により良い声かけを求めていることが話題になっている。治療中に子どもが嫌がるとき、保護者が「いやだったね」とか「ごめんね」と言うことがあり、これは治療を「良くするため」に行われていることを見失わせ、子どもに誤ったメッセージを送り、医療提供者にも悪い思いをさせる。そのため、積極的で励ましの声かけをすることが大切であり、子どもの治療体験に大きな影響を与える。

広告

AD
記事
画像集