山奥で故障した車発見。私「もし良ければ引っ張り出しましょうか?」相手「お願いします。」しかし、助けている最中に考えが変わり、元の状態に戻してやったw
2024/03/03

ある夏の日、私は自分のジープで山奥の道をドライブしていました。すると、脱輪したバンが目に入りました。急いで停車し、バンのドライバーに声をかけました。「よかったら引っ張り出しましょうか?」と尋ねると、彼はお願いすると答えました。

私のジープは、クロカン仕様でウインチやロープが常備されていました。だから、バンを引っ張り出すのはそんなに難しくはありませんでした。私はウインチを使ってバンを引っ張り出し始めました。しかし、その途中で、リーマン2人の会話が耳に入ってきました。

会話の内容は、私に対する軽蔑的なもので、不快な気持ちにさせられました。私は彼らがどんな人たちなのか、何を考えているのか分からなかったが、彼らに手を貸す気持ちはなくなりました。 そこで、私はジャッキを荷台に戻し、彼らに向かって「自分たちでなんとかしてね」と言って去りました。私は彼らが何とかしようとしても、二度と手を貸さないつもりでした。

そのまま家に戻ると、私はその出来事について会社にクレームを入れることにしました。私はリーマン2人の態度を非常に不快に感じ、彼らに対する不満をぶつけたかったのです。しかし、私は場所は教えずにクレームを入れることにしました。

これは私なりのDQN返しであり、彼らに同じく不快な思いをさせる意図がありました。 結果的に、私はそのクレームの一報を受けて、スッキリした気持ちになりました。私は自分の正義感に従って行動し、満足感を得ることができたのです。

そして、それ以降、私は彼らのような人々には手を差し伸べることはありませんでした。自分の判断で選ぶこと、自ら行動することが大事だということを学びました。 私のジープは、その後も山奥を探索するために役立ちました。自然の中を駆け巡る喜び、困難を乗り越えるという魅力を再確認しました。 そして、あの日の出来事は私の中で一つの節目となりました。リーマン2人の態度を通して、人間性や自分自身のあり方について考えるきっかけとなったのです。

広告

AD
記事
画像集
速報