エラーコインの種類と価値…280万円の価値がある硬貨が話題に
2024/03/03

珍しいエラーコインについて紹介されています。まず、ギザ10と呼ばれる硬貨の中で最も価値があるのは、昭和33年に製造されたものです。しかし、その価値はわずか100円程度です。次に紹介されるのは穴ずれコインで、昭和40年以降の機械の発達により非常に少なくなり、価値が高まっています。穴の外枠を超えていないものや、ずれが大きいものほど高額になる傾向があります。さらに、ヘゲエラーコインは硬貨の一部がめくれているもので、稀に金属の塊が付着していることもあります。穴ずれコインに比べて価値は低いですが、それでも2000円程度の価値があります。

また、穴なしコインは非常に珍しいもので、ほとんどの人が初めて見ることでしょう。Yahooオークションでは約36万円で取引されたこともあります。影打ちコインは、製造時に別の硬貨が重なって刻印され、表と裏が同じ絵柄になってしまったものです。非常に珍しいエラーコインで、25万円で落札された例もあります。

さらに、お札にもエラーが起こることがあります。裁断ミスにより端っこが余っているお札は「福耳のお札」と呼ばれ、10万円以上で取引されることもあります。最後に紹介されるのは型崩れコインで、形がいびつなものほど価値が高まります。Yahooオークションでは280万円で取引された例もあります。

エラーコインは数が少なくなっていますが、財布の中にも入っている可能性があります。興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

AD
記事
画像集
速報