神田正輝の「激痩せ」の理由と芸能界からの消失の真相、松田聖子との離婚、『旅サラダ』司会者の再婚と暴力団との関係に対する驚愕
2024/01/22

神田正輝は石原プロ時代に俳優として大成功を収めたが、現在は俳優だけでなく、朝の旅情報バラエティ番組「浅田生です旅サラダ」の総合司会など、さまざまな活動をしている。神田は運動神経が良く、体格のしっかりした男らしいイメージが強かったが、最近ではその風貌が一変していると視聴者たちからの声が寄せられている。番組の冒頭で神田は「おはようございます、2023年5月6日、今年も残すところ後131日です」とぼけたコメントをすると、隣の勝又邦和と松下奈緒から「まだまだありますよ」と突っ込まれた。しかし、ネット上では別の指摘があり、神田の激やせが心配される声が相次いでいる。神田の体調が番組の視聴率に影響を与えているのか、病気ではないかと疑う声もある。

2021年12月18日、神田は家族の悲劇に見舞われた。35歳の沙也加さんが急死し、札幌市内のホテルでのミュージカル「マイフェアレディ」の公演を控えていた時だった。この突然の出来事に世間は悲しみに包まれ、葬儀後の会見には元夫婦そろって参加した。しかし、沙也加さんの死の真相については公に語られることはなかった。沙也加さんの死後も、神田は変わらず娘への愛情深い父親像を示し続けている。さやかさんが芸能活動を始めた時、神田は自身の仕事を犠牲にしてでも一緒に過ごす時間を作ろうとしていたことを明かした。さやかさんの結婚や離婚に関しても神田はいつも気遣いを見せている。

AD
記事
画像集
速報