ビートたけしが母親の葬式で号泣…芸人で売れた途端に金を要求してきた本当の理由…
2024/02/22

芸人で成功し始めた時、ビートたけしさんの母親は会いに来るたびに20万円や30万円とお金を要求していました。病院代や水道修理代などを理由に。「病院代をくれ」「今までお前を育てた費用だから」「水道の修理代をくれ」と要求してくる母親は、以前は教育熱心で優しかった姿とはかけ離れており、たけしさんも「因業ばばぁめ!」と憤慨していたようです。

子供の頃、母親は「飯に金をかけるよりも参考書を買う」と言い、教育費のために生活費を削ることもあったそうです。母親の教育熱心さが功を奏し、たけしさんは成績優秀で、高校を卒業後は明治大学工学部機械工学科に現役合格し入学しました。しかし、大学生活に適応できず五月病を患い、中退してしまいました。

アルバイトをしながら舞台に出演し、徐々に知名度を上げ、テレビにも出演するようになると人気を得ていきました。その後、フライデー事件が起こり、たけしさんの母親は「あんなどうしようもないのは、死刑にでもしてください!」と一喝。このような出来事を通じて、たけしさんは母親の愛を改めて感じることになりました。

たけしさんの母親は、芸人という職業の不安定さから、たけしさんが収入を失っても困らないようにと、お金を要求していたのかもしれません。母親の思いやりと教育意識は、たけしさんに大きな影響を与え、母親の葬式でたけしさんは深い悲しみを表現しました。現在、自ら母親を大切に思うたけしさんは、愛情と教育の大切さを説いています。

AD
記事
画像集
速報