大祖母から「喧嘩するまで開けないこと」9年後に中身を開けてみると・・・
2023/06/19

9年前に結婚した夫婦が、大祖母から「最初の喧嘩をするまで開けないこと」という箱を贈られた。9年後、開ける決断をした二人が中身を見ると、ワイングラス、花瓶、入浴剤、そして手紙が入っていた。手紙には、キャシーさんへは現金と共に「ピザとエビを買って、お風呂の用意をしなさい」というメッセージが、ブランドンさんには「花とワインを買いなさい」というメッセージが書かれていた。二人は、箱の中身ではなく、箱の存在そのものが大切であったと気づき、箱から教わった「我慢すること、相手への思いやり、妥協すること、そして忍耐すること」が強く結ばれた家庭を築くための道具であることを理解した。

AD
速報