大橋未歩、夜の生活で「”最高の1本”なんてないって思ったら始まり」と発言に「経験豊富でしょ」「名言出ちゃった」
2024/02/19

広告

フリーアナウンサーの大橋未歩が、先日13日にMCを務めるTOKYO MXの番組「5時に夢中!」に生出演し、夜の生活についての持論を熱弁しました。

先に、米歌手ビヨンセが夜の生活で夫ジェイ・Z一筋であるとする新聞記事について、投資家の若林史江が「結婚生活を語るなら、1人でしょう? 最高の1本が最後とは限らない」とコメントしたことから話題が発展しました。

若林からの視線を感じた大橋は戸惑いながらも、「なんでこっち見るの?」と問いかけます。すると、若林は「途中に最高の1本があって、最後結婚ってなったとき…何度も言うけど、最後が最高の1本とは限らない。それしか知らなくて、それで満足できているなら、そっちの方が幸せなんだと思いますよ」と続け、大橋に説明を求めました。

大橋はその場でズバリと意見を述べ、「最高の1本を追い求めているところが違うと思います。最高の1本なんてない!って思ったところがスタートだと思いますよ」とコメント。この言葉に対して、月曜のレギュラーであるマツコ・デラックスからは「うわー経験豊富」とのコメントが飛び、スタジオ内はどよめきました。

大橋は2007年に当時ヤクルトの選手だった城石憲之と結婚しましたが、2015年に離婚。同年には当時テレビ東京社員だった上出遼平氏と再婚しています。この経験を踏まえて、大橋は結婚や夜の生活について自身の考えを明かしました。

広告

AD
記事
画像集