91歳になる大叔母から届いた「終活」の便り そのスクラップブックを開いた瞬間心が震えた
2023/07/13

「終活」とは、人生の終わりに向けての準備活動のことであり、最近広まりつつある言葉です。遺言書の作成や墓の選定、身の回りの整理など、終活の形は人によってさまざまです。Twitterユーザーが夫の大叔母の終活エピソードを紹介しました。大叔母は91歳で、最近身の回りの整理を始めました。ある日、終活に協力してほしいという手紙とともに、大叔母が集めた陶器や小物のコレクションが送られてきました。そして2週間後、もう一度大叔母から終活の荷物が届きました。中にはスクラップブックが入っており、その中には大叔母が10年間の介護の息抜きとして集めた世界中の素敵なものが詰まっていました。

AD
記事
画像集