上沼恵美子の急病の現状に深い悲しみ…「時のしおり」の歌手が和田アキ子との確執で共演回避!衝撃の理由に言葉を失う…
2024/01/17

広告

日本のタレント・司会者である上沼恵美子さんが突如として病院に搬送され、その現在の病状が心配されています。ここでは、上沼恵美子さんの経歴とプロフィールについて紹介します。

上沼恵美子さんは、「上沼事務所」に所属する女性漫才コンビの一員で、夫は元メディアプルポ代表取締り役会長で、元関西テレビプロデューサーの上沼神兵士さんです。彼女は幼少期から演芸や歌に親しんでおり、家族全員が芸事好きでした。元々は歌手を目指していましたが、父親の反対により漫才コンビを組むこととなり、「宇原千里万里」として姉妹漫才コンビでデビューしました。

中学2年生の頃には地元の舞台に立ち、その後、1975年には大ヒット曲を出すなどして活躍しました。結婚や引退も経て、現在は夫と共に様々な活動を展開しています。

最近では、上沼恵美子さんが肝臓の数値異常のため病院に入院したという報道がありましたが、状態は幸いにも落ち着いており、数ヶ月後には仕事復帰予定とのことです。

彼女の共演相として和田明子さんが登場し、和田さんが企画を提案して共演が実現したとのことで、以前はNGとされていた関係だったため注目を集めました。

また、上沼恵美子さんは番組で他の芸能人に対して批判的な発言をすることがあり、特に紅白歌合戦の司会経験に関連して大物女性歌手にいびられたというエピソードが話題になりました。

上沼さんと和田さんが漫才修行をしていた頃のエピソードや、大阪の南の園芸の歴史に触れられ、彼らが大阪の芸能界に与えた影響が感じられました。

広告

AD
記事
画像集