【衝撃】芦原妃名子さんの自死後、日本テレビの不適切な行動に驚く…原作改悪や原作者への攻撃、責任回避の企業対応に言葉を失う...
2024/01/31

広告

去年10月から放送されていたドラマ「セクシー田中さん」の原作者である芦原日子さんが29日に亡くなり、その報に世間は驚きました。芦原さんのSNSやドラマ関係者のInstagram投稿からは様々な意見が噴出し、特に中傷が相次いでいます。この中、日本テレビは個人の中傷を注意喚起しましたが、無責任な発信が問題視されています。

芦原さんの死は自殺と見られ、SNS上ではその原因や関連者に対する中傷が続出しています。また、ドラマ制作においては原作者と制作側の対立が影響を与えており、ドラマは原作を大きく改変したことに不満の声が上がっています。

日本テレビの対応についても世間の反応は様々です。芦原さんが漫画忠実な制作を求めたが、ドラマはそれに反していたことが報じられ、これに対する日本テレビのコメントには不満や疑問の声が広がっています。特に、誹謗中傷に対して単なる注意喚起では不十分で、責任を持った適切な対応が求められています。

このような状況の中で、日本テレビは適切な言葉を発するべきだとの意見があり、責任を果たし、適切な行動をとるべきだとの声も上がっています。ドラマ「セクシー田中さん」の制作経緯や芦原さんの死との関連について、今後の展開が注目されます。

広告

AD
記事
画像集