KEIKOと星野源のクモ膜下出血で倒れた現在の違い…なぜここまで違うのか?
2024/03/03

2011年にクモ膜下出血で倒れたKEIKOさんと、2度のクモ膜下出血で倒れた星野源さんの体験が紹介されています。KEIKOさんは2011年10月24日に激しい首の後部の痛みを訴えて倒れ、病院でクモ膜下出血と診断されました。手術は成功し、後遺症として高次脳機能障害を患い、活動休止中です。一方、星野源さんは2012年12月22日に2度目のクモ膜下出血と診断され、カテーテル手術を受けて活動を休止しました。再手術後、2013年9月26日に退院し、現在は俳優業とミュージシャン業に完全復帰しています。

医師によると、2人の回復に差が出る理由は、出血した場所や大きさの違いが影響している可能性があるとのことです。クモ膜下出血の前兆として、血圧の乱れや急な頭痛、目の異常、めまい、吐き気などが挙げられ、これらの症状がある場合は早めの受診が重要だと述べられています。

記事は、KEIKOさんと星野源さんのクモ膜下出血の経験を通じて、早期発見と治療の重要性を強調しています。また、出血した場所や大きさが回復に影響すること、そしてクモ膜下出血の前兆としての症状についても触れられています。これにより、読者は早期の対応や予防の重要性について理解を深めることができます。

広告

AD
記事
画像集
速報