【衝撃】吉本興業から離れたお笑い芸人17人が驚愕の事実を明かす!
2024/01/17

広告

吉本工業を離れた芸人たちが、各々の個性や才能を発揮し、芸能界での成功を収めていることが注目されています。その中で、島田慎介さん、スピードワゴンのお2人、カンニング武山さん、太平三郎さん、ロッチの小門さんなど、多くの有名な芸人たちが挙げられます。これらの芸人たちは吉本工業を離れた後も精力的に活動し、その個々の力が芸能界において重要な要素であることが浮き彫りにされています。

島田慎介さんは2011年の特定の事件を契機に芸能界を引退しましたが、その後もメディアへの出演やYouTubeチャンネルへの出演などで名前が取り上げられ、影響力を保っています。

スピードワゴンは元々名古屋吉本に所属していましたが、東京での活動の際に吉本との仕事が干され、他の事務所に移籍。その後、反応が良かったM2カンパニーに所属し、成功を収めました。

カンニング武山さんは福岡吉本の第1期生としてスタートしましたが、独立し転々と事務所を経て、現在はサイド3ミュージックに所属しています。

また、ひとりさんもかつては福岡吉本に在籍し、苦労を経て再び芸人としての成功を収め、YouTubeでの活動も積極的に行っています。

島田陽さんも吉本工業に所属していたが、吉本工業を2回離れた経緯があり、特にガバばあちゃんの権益を巡って対立したとされています。現在は島田オフィスに所属しています。

これらの芸人たちが吉本工業を離れた背景には様々な理由がありますが、その後の活躍を通じて、各自の個性や才能が芸能界を豊かにしていることが伺えます。

広告

AD
記事
画像集