【感動】りゅうちぇると明石家さんまの交わした約束…大物司会者が語った真実に心打たれる…明石家さんまがLGBTを公言したタレントに贈った特別な”プレゼント”が驚愕すぎた…
2024/02/05

広告

りゅうちぇるさんは1995年9月29日に沖縄県宜野湾市普天間で生まれました。当初は読者モデルとして活動し、原宿の古着店スーパーウィーゴーに勤務していました。彼はオネエとして注目され、ジェンダーレス男子として有名になりました。彼の一番のブレイクは、恋人のペコさんとの出会いでした。2人は原宿系ファッションと奇抜な服装、天然キャラと奔放な発言で人気を集め、若者からの圧倒的なカリスマ的存在になりました。りゅうちぇるさんは個性的なヘアバンドをつけている姿が印象的でした。

彼はメディア露出が増え、数多くのバラエティ番組に出演しました。当時、テレビをつければ彼らが必ず映っているほどでした。彼らのファッションを真似して、多くの人々が色鮮やかで派な格好をするようになったのではないでしょうか。最近は、りゅうちぇるさんとペコさんの離婚などが話題になっていました。

りゅうちぇるさんは数多くの芸能人や著名人から信仰を受けていました。特に、明石家さんまさんとの関係は非常に深く、さんまさんは彼の恩人と言っても過言ではありません。二人は日テレ系の番組『行列のできる法律相談所』で共演し、さんまさんとの共演がきっかけでりゅうちぇるさんはブレイクしたと言われています。初めて彼が出演した際に生まれたギャグ「建築関係トントントン」は、さんまさんとの共演のたびに披露され、いじられ愛されキャラクターとして成長しました。さんまさんはリューチェルさんのブレイクをとても喜んでおり、「建築関係トントン」

広告

が生き残り続けていることを嬉しく思っているそうです。

また、りゅうちぇるさんの女体化について、さんまさんはかなり心配していました。さんまさんは、タレントのカバちゃんさんが女性になりたいと言った際にホルモンの薬を飲んだ副作用で精神状態が悪くなることを知っていたため、女体化について心配していたそうです。しかし、さんまさんはカバちゃんさんが乗り越えられると信じており、親心で見守っていました。

りゅうちぇるさんとさんまさんの関係はとても温かく、彼らのエピソードを見ると、さんまさんがりゅうちぇるさんを本当に可愛がっていたことがわかります。さんまさんの愛のある行動は、多くのファンからも大きな反響を集めていました。

広告

AD
記事
画像集