石坂浩二との関係が明かされた、加賀まりこの不幸な子供の死の真相に涙が止まらない…有名女優の障害者の子供と終活の重要性に驚愕
2024/02/04

女優かまり子さんは現在も元気に活躍中であり、彼女の子供や結婚歴、健康にまつわる興味深いエピソードに焦点を当ててみましょう。

1972年、当時28歳のかまり子さんが妊娠し、シングルマザーとして子育てを始めることを決意しました。当時、既に有名な女優であったかまり子さんが一躍注目を集め、出産宣言はマスコミに大きな騒ぎを巻き起こしました。彼女は母親の世間体を気にせず、バッシングにも耐えながらも強く子供を育てることを誓いました。しかし、悲しいことに子供は生後わずか7時間で亡くなってしまいました。

かまり子さんの子供の父親については具体的な公表がなされていません。噂では俳優の石坂浩司さんや歌の伏明さんが父親の候補とされていますが、真相は不明です。出産が予定より早かったため、石坂浩司さんが父親である可能性は低いでしょう。伏明さんについてもかまり子さんが明確に語っていないため、真相は不明なままです。

かまり子さんは29歳の時にテレビプロデューサーの高田春之さんと結婚しましたが、6年後の1980年に離婚。お子さんはいなかったようです。高田春之さんは2011年に尿毒症のため亡くなっています。

2度目の結婚相手はTBS社員の演出家で、現在80歳のかまり子さんとは1980年に57歳で事実婚関係を始めました。2人は麻雀仲間だったことから交際が始まり、幸せな関係を築いています。かまり子さんは結婚には消極的な考えを持っていますが、お相手との時間を大切に過ごしているようです。

AD
記事
画像集
速報