NHKのお天気お姉さんが生放送中に号泣した理由…驚愕の真相が発覚…
2024/03/03

広告

NHKのお天気お姉さんである岡田みはるさんが、生放送中に号泣するというハプニングが起きました。この出来事は、2015年12月1日のNHK山形の放送で起こりました。岡田さんは気象予報士であり、当時はネットニュースや週刊誌でも大きく取り上げられました。

ハプニングは、午後6時30分ごろに起きました。岡田さんは落ち着いた様子でお天気の説明をしていましたが、画面に映っているのは新庄市であり、スタッフらしき男性の声がかすかに聞こえました。岡田さんは一度立て直しましたが、すぐに涙声になりました。スタジオにカメラが戻ると、岡田さんは泣いていました。

この「涙のお天気コーナー」が終わると、男性キャスターが謝罪しました。放送後、報道陣が放送局に殺到しました。岡田さんはその後、自宅に帰ることができましたが、翌日からは報道陣が詰めかけました。

岡田さんは後に、数千通のメッセージが寄せられたことで支えられたと述べています。がんを患う女性からも励ましの手紙を受け取ったそうです。

この号泣の理由については、アナウンスと画面が合っていなかったことが原因だと思われます。生放送では、アナウンスと画面が合わないこともあり得るハプニングです。しかし、冷静なアナウンサーならば、画面の差し替えを待つか、自分が画面に合わせて内容を訂正するなどの対応が考えられます。

しかし、局内でいじめがあったのではないかという噂もあります。岡田さんはミスもあったようで、ベテラン女性アナウンサーから辛く当たられたこともあったと言われています。

広告

岡田さんは精神的に弱い部分があり、コミュニケーションも苦手で、最近は萎縮していたとされています。そのため、その日もうまくいかず、感情が爆発して泣いてしまったのだと言われています。

岡田さんの父親も、いじめやストレスによる感情の爆発が原因だったのではないかと述べています。一本番のハプニングで泣いてしまうことはキャスターとしては務まらないはずであり、局内の人間関係に問題があった可能性が考えられます。

広告

AD
記事
画像集