少女をかばって片足を失った。10年後、少女が結婚すると聞き…
2024/03/03

10年前の交通事故で片足を失った男性の話です。彼は50ccバイクで走行中、歩道から飛び出した少女をかばって転倒し、後続の自動車に下肢を踏まれてしまいました。その後、少女の親は「死ぬまで年50万の補償をし続けます」と言い、10年後に少女が結婚すると聞いたとき、男性は驚くべき行動に出ました。

彼はポジティブな考え方を持ち、少女が助かってよかったと思い、自分の趣味であるサッカーができなくなったことを少し悲しんだものの、その後も前向きに生きてきました。彼は示談の中身として「年に50万円を受け取る」という形を選び、加害者の家庭と友好な関係を築いていました。

10年後、少女が結婚することを知った男性は、彼女の家族の負担を減らすために年50万の補償を断ろうと考えました。彼は成長した少女の人生の幸せを考え、聖人のような気持ちになりました。そして、自分と加害者の家庭との関わりを終えることを決意しました。

交通事故で人生が大きく変化し、被害に遭っても加害者側を思いやる男性の姿を描いています。彼の行動は、現代社会においては珍しい美談であり、多くの人々に感動を与えるでしょう。

AD
記事
画像集
速報