仕入れたクラウン車の中を覗いたら前所有者の意外な忘れ物が...【クルマ】
2024/03/03

クラウンの仕入れた中古車を点検中、私は前所有者の驚くべき忘れ物に出くわしました。驚きと興味が入り混じった感情で、その忘れ物を手に取りました。それは何と、香水ボトルでした。この香水は明らかに高級なもので、華やかな香りが漂っていました。

どうしてこんなお宝が車の中に残っていたのか、私は不思議に思いました。取説や補修履歴には何も書かれておらず、前所有者のプロフィールも不明でした。このクラウン車がどのような人の手に渡ったのか、さまざまな想像が膨らみました。

この忘れ物は、そのままバイヤーに見せるか、もしくは自分で使うか悩みました。使用済みの商品なので、バイヤーに提供する際には問題はないでしょうが、もしかすると彼らはこの忘れ物を気に入るかもしれません。しかし、私自身もこの香りに魅了されましたので、自分で使うことも考えました。

結局、私はこの香水ボトルをバイヤーに見せ、彼ら自身に判断してもらうことにしました。車の中に残された忘れ物というのは、クルマを通じて前所有者の一部を感じることができる貴重な体験です。バイヤーがこの忘れ物に何を感じるのか、楽しみにしています。

 

広告

AD
記事
画像集
速報