「ポカリ買ってきて」熱が39度ある妻懇願するも「明日な…」と俺…翌日、飲み会から帰宅すると…
2024/03/03

広告

熱が39度ある嫁「ポカリ買ってきて」と懇願するも「明日な…」と俺…翌日、飲み会から帰宅すると、妻が倒れているのを見かけました。急いで彼女の傍に駆け寄り、救急車を呼ぶように助けを求めました。しかし、私が車のキーを手にする前に、彼女は息を引き取ってしまったのです。

私は言葉に詰まり、泣き崩れました。なんと愚かな行動であったことか。彼女の熱が高かったのに、私は軽んじて飲み会に参加してしまったのです。妻が私に頼んだポカリを買ってくることもできず、ただただ後悔しか残りませんでした。 妻には既に病気があったため、頻繁に医者にかかるタイプではありませんでした。自己管理が非常に厳しく、私に対する愛情の表現も苦手なようでした。私は彼女が何か悩んでいるのを感じていながら、彼女に対する思いやりを欠いていたのだと痛感しました。

私はその後、転職する機会に恵まれました。新しい職場で出会った仲間たちの存在は、私にとって大きな支えとなりました。彼らとの交流を通じて、人間関係の大切さを改めて実感しました。しかし、その一方で、妻との関わりが薄れていくことも自覚していました。 妻が亡くなってからは、私は懺悔の場を求めるようになりました。

広告

ある日、私は教会に足を運び、神に向かって妻に対する罪を告白しました。私は自分がいかに愚かな行為をしてしまったのかを神に謝罪しました。

妻の死因ははっきりと分かりませんでしたが、熱中症の可能性があるとされていました。私の不注意が、彼女の命を奪ったのかもしれません。妻が私に訴えかけた「ポカリ買ってきて」という願いを無視し、ただ自分の楽しみのためだけに行動したことが、悲劇をもたらしたのかもしれません。 今でも私は妻との思い出に悩み続けています。彼女の温かい笑顔、優しい声、そんな大切なものを失ってしまった後悔と悲しみは、私の心を絶え間なく穿っています。

これからは、妻のような大切な人を軽んじることなく、思いやりと愛情を持って接するように努めなくてはなりません。

広告

AD
記事
画像集