雨の降る中、少年の足元に現れたずぶ濡れの子猫→9年後の成長した姿と『家族の絆』に感動!
2024/02/01

降りしきる雨の中、飼い主さんの息子さんの足元に小さな子猫が

雨の降る中、飼い主さんの息子さんの足元に現れたピョンタくん。

2011年9月1日、この日は台風の影響で雨が降っていたそう。飼い主さんは息子さんと一緒に土手を歩いていたそうですが、息子さんが突然「ママー! 猫ちゃん!」と叫んだのだそうです。その声を聞いて振り向くと、息子さんの足元に雨でずぶ濡れになった小さな子猫がいたのでした。 飼い主さん: 「どこから現れたのかまったくわからなくて、もちろん近くに親猫がいる様子もなく、小さく震える子猫に戸惑いました。息子は触ることもできずに『ママ、このコどうしよう?』と、固まってしまっていました。

保護当初は不安なことも

いつも一緒にいる息子さんとピョンタくん。

子猫に「ピョンタ」と名づけた飼い主さんご家族。生後約2カ月のピョンタくんはとにかく小さくて鳴くこともできず、「数日で死んでしまうのではないか」

と心配したこともあったそう。小学生だった息子さんは「小さなピョンタを守らなくては」と、必死にお世話をしていたといいます。  

息子さんとの「兄弟の絆」を感じる出来事が

長男:小学生→高校生に。次男:保護ほやほや推定2カ月→9才に(写真は7才の頃)。

いつもは悪さをしないピョンタが急に花瓶を倒したんです。おそらく、さらに悪いことをすれば自分が叱られるから、気をそらして息子を助けたかったのではないかと思います。それを見て猫嫌いなおじいちゃんでさえも、『この猫は利口だな』と感心してしまったほどです」  

AD
記事
画像集