蚊に刺されやすい人の原因…16歳の高校生が独自の研究で世界的な発見…
2024/03/03

広告

京都教育大学付属高校に通う田上大喜さんは、なぜ妹が蚊に刺されやすいかという疑問を持ち、独自の研究を始めました。若干の情報を手掛かりに、彼は蚊に刺されやすい人々の理由を解明するために、蚊との関係を探り始めました。 田上さんの研究は、靴下の常在菌の種類と蚊に刺されやすい程度の関係性を見出すことで進展しました。彼は、足元の常在菌の種類が多いと、蚊に刺されやすくなることを発見しました。この発見は、田上さんにとって大きな成功であり、彼の研究への取り組みへの自信にも繋がりました。

さらに田上さんは、妹に対してアルコールを含ませたティッシュで足首から下をこまめに拭くようアドバイスしました。足元を消毒することで、蚊に刺される回数が普段の3分の1まで減少したと報告しています。このアドバイスは簡単なものでありながらも、蚊に刺されるリスクを減らすための実用的な手段となりました。 田上さんの研究は一般的にも評価され、筑波大学が主催する全国の小・中・高校生の理科コンクール「第11回科学の芽賞」を受賞しました。彼の努力が認められ、彼の研究が広く注目されることは、彼にとって大きな喜びであり成果でした。

田上さんは、この発見に導いたのは妹を思う気持ちだったとコメントしています。

広告

自分の家族が蚊に刺されることの苦労や不快さを感じながらも、彼はそれに立ち向かい、研究を通じて解決策を見つけ出したのです。 田上さんの研究は、我々が日常的に経験する蚊に刺されるという問題に対して新たなアプローチを提供しました。彼の努力によって、蚊に刺されやすい人々はより具体的な対策を取ることができるようになりました。これは私たち全てにとって重要な発見であり、彼の研究は今後も注目されることでしょう。

広告

AD
記事
画像集