「路線バス」存続の危機…高齢化や低賃金で運転手不足が深刻化
2023/05/29

路線バスの運行が危ぶまれている。大型2種免許が必要であるため、保有者数は20年前に比べ70%も減少しており高齢化も進む。バス会社は労働条件や低賃金で応募者が激減しているため、女性バス運転手の積極的な募集を始めた。しかし、深刻な運転手不足が残る中、バスの自動運転化はまだ現実的ではなく、大型2種免許取得費用の支援制度が必要であるとされている。

AD
速報