八代亜紀はハーフで沖縄がルーツ?母親は琉球王朝の末裔だった!
2024/01/17

八代さんは熊本県出身で、父親が浪曲を歌っていた影響で歌が好きになりました。しかし自身のハスキーボイスにはコンプレックスがありました。家計が大変な状況を見て、12歳の時にクラブ歌手を目指すことを決めました。中学卒業後は地元のバス会社に就職し、バスガイドとして働きました。その後、キャバレーの歌のオーディションを受けて専属歌手となりましたが、父親に勘当されました。上京して音楽学院に通い、バイトで生活費を稼ぎながら歌手活動を続けました。21歳の時に歌手デビューを果たし、数々のヒット曲や実績を残しました。

八代さんの芸名は、出身地の八代市から姓を取り、名前は呼びやすい2文字で「アキ」という意味を込めています。八代さんは演歌の女王と称されるほど活躍しました。八代さんの母親は沖縄出身で琉球王朝の末裔だったと言われています。八代さんは沖縄に特別な想いを持っており、2023年には沖縄でコンサートを行いました。八代さんは日本人であり、ハーフやロシア系ではありません。ただし、顔立ちや肌の色が美しいことからハーフやロシア系と誤解されることもあります。母親は琉球王朝の末裔であることが判明し、八代さんは自分にとっての故郷を感じていました。八代さんの自宅は公開されておらず、総資産は約5億円と言われています。現在の収入源は明らかではありません。八代さんの絵については本人が描いており、ゴーストライターによるものではありません。

広告

AD
記事
画像集
速報