エスパー伊東の難病と孤独な闘病生活…晩年の姿に心を打たれる!カバン芸で知られる芸人が婚約破棄した女性の真実に全員が驚愕!
2024/01/17

お笑い芸人として知られ、独特な芸風で多くのファンに慕われていたエスパー伊藤さんが、2024年1月16日に享年63歳で亡くなりました。彼のプロフィール、死因、病気、結婚しなかった理由について紹介します。

エスパー伊藤さんの本名は伊藤マオで、1960年12月26日に熊本県麻南町で生まれました。身長は165cmで、高校は埼玉県立校高等学校、大学は埼玉大学を卒業しました。エスパー伊藤さんは、独自のパフォーマンスで知られ、ドライアイスを一気に食べたり、バックの中に入るなど、高度な能力を駆使して観客を楽しませました。また、不思議サークルを主催し、全国会員数百人を抱えるなど、その知名度は高かったです。

エスパー伊藤さんの死因については、事務所がまだ詳細を確認中とのことです。しかし、濃厚塞性股関節症によりパフォーマンスが難しくなり、治療中に脳梗塞を発症しました。その後、多発性脳梗塞と診断され、入院生活を送りながらも認知症が進行し、2022年には老人ホームに入居しました。認知症により半きり状態となり、症状が悪化していたとされています。

また、エスパー伊藤さんは結婚はしておらず、以前の熱愛報道も仕事の忙しさから破局しました。芸人になる前にホストをしていたことから女性客が多かったが、仕事の都合などが影響して結婚を避けていた可能性が考えられます。

お笑い界の巨星の一つであったエスパー伊藤さんの逝去は多くの人を悲しませました。彼の奇想天外なパフォーマンスや独自のエンターテイメントは長く覚えられることでしょう。

広告

AD
記事
画像集
速報