元白鵬・宮城野親方の追放:北青鵬の暴力行為と八百長問題が明るみに “強制引退”の実態に愕然…巨額の横領事件で力士が2階級降格を言い渡される
2024/02/29

広告

こんにちは。今回は、相撲界から衝撃的なニュースが届きました。元大相撲力士であり、相撲ファンにとっておなじみの宮城の親方(本名:白宝省)について、相撲協会からの追放とその背景に迫ります。

宮城の親方はモンゴル国ウランバートル市出身で、かつて第69代横綱として輝かしい成績を収めた大力士です。2019年には日本国籍を取得し、相撲界でのさらなる活躍が期待されていました。趣味は読書やチェスなど多岐にわたり、ユネスコスポーツチャンピオンとしての顔も持ち合わせています。

しかし、彼のキャリアに暗雲が立ち込めました。北正法によって暴露された力行為が原因で、相撲協会は宮城の親方に対して厳しい処分を下しました。所属力士に対する不適切な行為が問題とされ、結果的に2階級降格と報酬減額の処分が決定されました。さらに、宮城の部屋は伊勢ヶ浜一門が預かることになり、新たなページが開かれることとなりました。

この一連の出来事は、相撲界に大きな波紋を広げています。宮城の親方は処分を受け入れ、深く反省するとともに、今後も相撲界への貢献を誓っています。一方で、引退の噂もありますが、現時点で明確な動きは見られません。

相撲協会としても、宮城の親方に対して最終的な処分を下し、今後の相撲界の健全化に向けての意志を示しています。柴山広報部長は、宮城の親方に対する処分が相撲界全体の意見を反映したものであると述べ、彼の今後の活躍を期待する声を送りました。

この問題は相撲界にとって大きな転換点となる可能性があり、宮城の親方の今後の動向が注目されています。

広告

AD
記事
画像集