デヴィ夫人、週刊誌を告訴し慈善団体への資金の流出報道に対抗「刑事告訴」
2024/02/27

広告

タレントであるデビ夫人が、週刊文春に対して刑事告訴を行ったことが彼女自身のInstagramを通じて公表されました。デビ夫人は、週刊文春が彼女に関する虚偽の報道を行い、名誉及び信用を傷つけたと主張しています。具体的には、彼女が運営する一般社団法人の資金を不正に使用したとする内容や、他の理事との間でトラブルがあったとする報道が事実無根であると訴えています。デビ夫人は、これらの報道によって社会的信用を損ない、仕事にも影響が出たと述べています。

彼女は、メディアの責任ある報道姿勢を強く求めており、この刑事告訴を通じて、報道機関に対する一石を投じたいとの意向を示しています。デビ夫人は、過去にも度々物議を醸す発言で炎上してきましたが、そのたびにテレビからのオファーが絶えない理由について、彼女自身がテレビに適したキャラクターであり、視聴者からの共感を得ているからだと分析されています。

また、彼女は過去に複数の芸能人やテレビ関係者との間で対立が報じられ、一部では共演NGとされるケースもあるようです。しかし、デビ夫人の発言が視聴者から支持される場合が多いため、彼女の存在はテレビ界においても一定のニーズがあると言えるでしょう。

デビ夫人に対する意見は賛否両論ありますが、彼女の行動は常にメディアの注目を集め、議論を呼び起こしています。

広告

AD
記事
画像集