板尾創路を凌ぐ逮捕された”中学生猥褻”加害事件…復帰への驚きと理由に言葉を失う…『ダウンタウン』との絆に結びつくお笑い芸人の妻の国籍…予期せぬ子供の突然死に戸惑い…
2024/01/17

広告

お笑いタレント兼俳優の板尾いさんは日本のお笑いコンビ「130R」や「ダウンタウン」との繋がりが深く、多岐にわたる活動をしています。この記事では、板尾さんの逮捕歴や復帰の理由、結婚や子供の死因、そして現在の芸能活動について紹介します。

板尾いさんは1963年7月18日に大阪府田林市で生まれ、2024年時点で61歳となります。高校卒業後、就職を経て芸人になる夢を追い、NSCに入学。香港マカオというコンビで活動し、1991年にはダウンタウンのごっつええ感じに出演して知名度を上げました。

1994年、板尾さんの人生が大きく変わる出来事が起きました。青少年健全育成条例違反容疑で逮捕され、中学3年生の少女との関係が問題視されました。しかし、その後、少女が年齢を偽っていたことが発覚し、板尾さんは同意の上での関係であったことから、意外にもすぐにテレビに復帰することができました。

1998年に結婚した板尾さんは、一般人の女性との間に子供をもうけました。妻は外国人との噂もありましたが、実際は日本人女性です。2007年には女の子が生まれましたが、残念ながら2009年に突然の乳幼児突然死症候群(SIDS)により亡くなってしまいました。

現在は芸能界での露出は減少していますが、俳優としての活動は続けています。数々のドラマや映画に出演し、特にサイコパス的な役柄や癖のある役に定評があります。また、プライベートではいくつかの事件を起こすこともあるようですが、その面白さとともに受け入れられています。

広告

AD
記事
画像集