『スリーファンキーズ』リーダー長沢純の認知症と施設生活への変貌に言葉を失う─元妻・川口晶との離婚の真相と、衝撃的な子供や孫の正体に驚きを隠せぬ日々─
2024/02/01

皆さんこんにちは!今回は界の一大アイドルコーラスグループ、スリーファンキーズのリーダーである長澤純さの経歴や家族についてご紹介します。

経歴

長澤純さは1941年6月17日に東京都で生まれ、法制大学法学部に在学していました。大学時代に高倉さんと組んでアイドルコーラスグループ、スリーファンキーズを結成し、1962年にアルバム「スリーファンキーズヒットパレード」でレコードデビューしました。若い女性を中心に人気を集め、男性アイドルグループの元祖的存在となりましたが、1966年に解散しています。その後、長澤純さは俳優業に転身し、バラエティ番組やテレビドラマに出演していました。また、1969年には株式会社長沢企画を設立し、多くのテレビ番組の司会者としても活躍しました。

家族

長澤純さは1971年に元女優の川口明さんと結婚し、長沢純一郎という名前の長男を授かりましたが、1974年に離婚しています。長沢純一郎さんは長澤純さの長沢企画で取締役として父親を支える一方、芸能界でも活動し、リチャードという芸名で活動していました。さらに、長澤純さは2007年に初孫の長澤一期さんが誕生したことも報告されています。長澤一期さんは早期英語教育を受けており、子供英語教材のCMにも出演していました。

以上が長澤純さの経歴と家族に関する歴史の意図です。最後までご視聴いただき、ありがとうございました!

AD
記事
画像集
速報