【衝撃】浅田真央の進化。BからDに⁉ 恋人の影響か!?
2024/01/31

広告

浅田真央といえば中京大中京高校時代からフィギュアスケート選手として長年活躍し、オリンピックにも出場された誰もが知る方ですよね。特に、ソチ五輪の演技は国民に感動を与えました。

2017年に現役引退を果たした浅田真央ですが、その当時のバストサイズは推定80センチのBと言われていました。しかし、最近では進化が止まらず、少なくとも"83センチのD"に成長したと言われています。スケート関係者によれば、一般的に競技生活から引退した選手は全体的に太る傾向がある中、彼女は引退後も現役時代の体形をほぼ維持しており、唯一変化があったとすればバストの豊満さだとされています。

浅田真央のバストが急激に成長していることから、恋愛が原因ではないかとの噂が広がっています。噂されているお相手は、アイスショーでパートナーを務めるプロスケーターの柴田嶺(りょう)さん(35)です。浅田が30歳を超え、柴田との活動を通じて大人の魅力が増してきたとされ、二人の関係が注目を集めています。

広告

AD
記事
画像集