【尾崎豊の生き方】実兄が「豊の曲は“反権力”などという捉え方はしていない」と語ったのは何故か
2024/02/23

1980年代に突出したアーティストであり若者のカリスマとして知られる尾崎豊。突然の死は大きな反響を呼び、その人生を振り返る連載が始まった。尾崎は学校や大人社会に反抗し、自由を訴え、26歳で亡くなった。彼は全力で生き抜いたが、その過程で様々な困難にも直面した。音楽や表現活動への情熱を失わなかったが、最後の数年は難解な歌詞や文学性が目立った。彼の死は本人にとって意外な形でやってきたが、その純粋な内面から生まれた表現が多くの人々に響いた。彼の兄は弁護士であり、尾崎の曲は純粋な内面から生まれた表現だと語っている。彼の姿はまさに天才のようであり、一生を音楽と表現に捧げた。「尾崎たるゆえん」を追求する一方、次回からはお笑いの天才、ケーシー高峰の人生を振り返る。

AD
記事
画像集
速報