12年間の昏睡状態から目覚めた息子…目が覚めた後の衝撃的な事実が明らかに…
2023/06/07

広告

南アフリカ出身のマーティン・ピストリウスさんは、12歳のときに急性の病気にかかって昏睡状態に陥り、12年間も起き上がれない日々を過ごしていました。彼は施設での苦しい生活や、母親が「死んでくれたらいいのに」と呟いた事実など、数々の試練を乗り越えてきました。その中で、介護士のヴァーナさんとの出会いが切り札となり、意識が回復。紆余曲折の末、現在はウェブデザイナーとして活躍し、イギリスで幸せに暮らしています。この壮絶な体験は、多くの人々に感動と勇気を与えました。

広告

AD
記事
画像集