コンビニで切手を購入 多めに貼って投函したのに『料金不足』だったワケは?
2023/07/26

広告

東京都中野区で飲食店を経営している鈴木亮平さんが、Instagramに面白いエピソードを投稿しました。鈴木さんは書類を郵送するために切手を購入しようとしましたが、切手がなくなってしまったため、コンビニへ買いに行くことにしました。必要な切手は380円でしたが、外国人の店員に「380円以上で」と頼むと、近い金額である400円の切手を買わされてしまいました。その後、鈴木さんは400円の切手を使って郵便物を送ったのですが、数日後に戻ってきてしまいました。原因は、コンビニの店員が切手と勘違いして収入印紙を販売してしまったからでした。切手と収入印紙は似ていますが、役割は異なるため、このようなミスが生じる可能性があります。

広告

AD
記事
画像集