ごめん。高校を辞めて働いて欲しい・・・。私は中退し、仕事で毎月20万以上母に渡していたが急逝。葬式後、母親の通帳を見たら涙が止まらない。
2024/03/03

投稿者が小学校の低学年の頃に両親が離婚し、母と二人で苦しい生活を送ってきた経験を綴っています。

投稿者は父に会ったことは一度だけで、母から父が愛人と暮らすために自分たちを捨てたと教えられて育ちました。

母は仕事で忙しく、投稿者は家事を覚えて家計を支えるために頑張りました。高校生の時、母から経済的な困難があり、学校を辞めて働いて欲しいと頼まれました。

投稿者は部活動を諦めて働き、毎月の給料のほとんどを家計に貢献しました。しかし、家計は依然として厳しく、母から毎月30万円以上必要だと言われました。

投稿者は自分の身体を売る仕事を始めざるを得なくなりました。しかし、母が突然心筋梗塞で亡くなり、葬儀を家族葬で行いました。その後、母の通帳を整理していると、驚くべき金額の入金記録があり、母が投稿者に渡していた生活費とは別のお金があったことが分かりました。

投稿者は父との絶縁状態を解消し、父からの連絡で母の言っていたことが全て嘘だったことが明らかになりました。

投稿者は裏切られた気持ちと共に、母を許すことができなかったと述べています。最後に、投稿者は興信所を使って調査を依頼することを考えています。

AD
記事
画像集
速報